占い師というより、メッセンジャーにちかいのか?

最近そう思います。

占い師…というカテゴライズでいいのか悩んじゃうところです。

セッションはしますので、簡単に言葉に置き換えたら、

わかりやすいのは「占い師」になるかと思います。

 

私は、セッションするときは何個かの道具を使います。

ひとつは慣れ親しんだタロットカード

f:id:umesada:20170306235519j:plain

でも、タッロト占いと呼ぶには正直少々違う気もします。

 カードは道具で、カードを媒介してイメージが来る感じに近い気がします。

そのせいかはわかりませんが、沢山のカードは使わなかったりもします。

手相を見るときもあります。これも、明確に手相とは少し違います。

他にも、石を使うときもあります。

これも、あくまで道具であって少し本来の使い方からはズレるかもしれません。

f:id:umesada:20170218121552j:plain

じゃあ、どうやって占うの?

f:id:umesada:20170307213135j:plain

それは、上手く説明できませんが、

あなたの気を感じて、イメージが伝わって来るというのが正しいかもしれません。

じゃ、道具なんていらなくない?

 

残念ながら、道具がないとなかなか上手にできません(;´Д`)

道具はある意味スイッチの役割で、いわば、ラジオのチューナーに近い気がします。

f:id:umesada:20170306235831j:plain

あなたの気や波動、あなたを支援する方の波動にチューナーを合わせて、伝えるべきことをイメージとかで受け取ってそれを言葉として置き換えてお話する感じです。

 

だから誰かに教えるのは難しかったりします。

 

チューナーが合わせやすい人は手に触れることで伝えるべきことがあるならお伝えできたりします。

こんな私のようなチューニングタイプの占い師さんも沢山いると思います。

マニアックに言えば、チャネラーとか言うようです。

なんかシャネラーみたいだ。

シャネル持ってないけど…(若い人にはわからないな(;'∀'))

f:id:umesada:20170218125357j:plain

反対に、私の母は長年、田舎の地方で占い師をしてきて、それこそ全国からお客様がきてくれるような占い師ですが…

完璧なチューニングタイプではないようです。

どちらかというと占術タイプ・ちゃんと占いを統計学としてマスターしたタイプです。

当たると評判です。

 

何が違うのか...というと

 

母は未来予測をします。統計学を基にしたしっかりとした占術を習ったタイプなので、

それに沿って未来を予測してお伝えします。

勿論相談も乗りますが、やはり占術に裏付けられた形の鑑定なので、

どう歩むべきか、その道を選んだら確率的にこうなるという事を示唆して話をするので、お客様としてはわかりやすいです。

よく母が言うのは、

占いは相手の未来を左右してしまうことがあるので気を付けなくてはならない。

そのように言います。

 

娘の私はというと、私個人が未来予測をすることはありません。

というか未来は無限にあり、その人が自分でこれから作っていくものと考えています。

なので、未来予測はしませんし、できません。

また、イメージとかで伝え合ってくることって私は経験したことがないんです。

それよりも悩みを抱えるかたの心の痛みや希望を一緒にみていきます。

その中でメッセージを一緒に見つけていくそんなイメージのセッションです。

勿論、何かメッセージがあれば伝えます。

f:id:umesada:20170218121552j:plain

具体的に言うと、

「今の彼が浮気してるみたいなんです、どうしたらいいと思いますか?」

という相談だったとしたら、

やり方はその人それぞれなのですが、

例えば、あなたの中のあなた(インナーチャイルド)とお話をしたりします。

もしくは、あなたを守ってる何かからメッセージが来たらそれを伝えます。

 

こんなSFチックな表現しかできませんが、

そのメッセージは自然とあなたの悩みをあなたが解決していく手助けをしてくれるものになることが多いです。

だから、私はあくまで伝えることが仕事で、解決することではないなと思ってます。

つまり、よく悪い占い結果だったらいやだ!とか言われることがありますが

悪い結果というもの自体があまり存在しません。

たまに、とある方からメッセージがあって内容的に

「言ってやってくれってこと?」ってことが伝わってくることもありますが、それは、まるで親が子供を愛するような愛の激励だったりします。

だから安心してセッションを楽しんでねと思っています。

f:id:umesada:20170218121552j:plain

 まとめ

占い師には、

・占いを占術として鑑定する人

 

・占いというより、道具は使うが、気や波動や見えないけど存在するものを感じてセッションする人

 

・何か黒いものを引き寄せて話す人(〇〇〇を買って〇〇しなさい!みたいなことをいう人が多い気がする)

 

・なんでも霊とか祖先の因果とかのせいにしちゃう人

 

・道具も何も使わずに、相手のメッセージを読んで伝えたり、癒したりとかする人

 

他にもいっぱいいろんな人がいます。

基本的にやたら高額の占いって私は信じません。

(1セッション 短時間、数分で、数万、数十万とか)

あと、何か買わせる占いも信じません。(パワーストーンとか壺とか墓とか)

例えば、〇〇でお水を汲んでみて、とか、神社でお砂をもらってみてとか、

場所が限定されて出てくる場合がごくごくたま~にあります。

 

でも、何か石とか墓とか買わせるとか普通はないと思います。

個人的にも占い師が仲人して物を買わせるのは違うでしょ…って思ってます。

それってメッセージと関係ないものね(;・∀・)