読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の弟が小さかった頃の話・・・夜中泣き叫ぶが翌日忘れている

私には年の離れた弟がいます。

・・・で、この弟がまだ、8歳くらいだった頃の話。

夜な夜な大泣きして母と父の寝室に来るようになったのです。

私は隣の部屋だったので、よくその光景を見てました。

これはだいたい1カ月くらい続きました。

f:id:umesada:20170311011650j:plain

まぁここまでならただの夜泣きというか、精神不安定な時期だったのね・・・って話なのですが・・・

 これが・・・泣きながら母に助けを求めてくる弟はまるで、幼稚園児みたいに泣きじゃくり、壁から手が出てきて壁に縛り上げられるというのです・・・( ;∀;)

そいつは怖いなと思ってました。

そして、次の日はこれをまったく覚えていないのです。

これを彼は繰り返してました・・・

f:id:umesada:20170218121552j:plain

これって

夜驚症(やきょうしょう)というらしいです。

夜驚症は精神の病気ではありません。

夜驚症の原因は、睡眠と覚醒を調節している睡眠中枢が未熟なために起こる「部分的覚醒障害(ぶぶんてきかくせいしょうがい)」という睡眠障害の一つです。

 夜驚症は、深い眠りで怖い夢を見て、半分だけ目が覚めた状態で起こる現象です。

 

睡眠中枢が成長するとともに起こらなくなり、年齢とともに症状もなくなるのが一般的です。

 

・・・とのことですから病気ではなくてよかったなというところ・・・

確かに一時だけで治まりました。

 

とはいえ、夜突然尋常ではないテンションでおびえたり泣き叫び、

壁から手が生えてきて壁に縛られるって毎夜毎夜言うわけですから

怖いわ~と、その当時の私は思ってました。

 

夜驚症がおこる原因

症状がでるきっかけ

・怖いテレビや本を見たとき
・事故の体験や目撃
・幼稚園や学校、親に叱られた
・発表会など緊張すること
・友達と遊んで興奮した
・遊園地や旅行などで楽しんだ

うちの弟の場合どれだったんだろ?

因みに8歳以上の子が夜驚症の症状がある場合はすごいストレスを感じているときなんだそうです。

なんだったのでしょうか・・・( ;∀;)かわいそうな弟

f:id:umesada:20170218121552j:plain

 

弟から映像が伝わってきた

 

因みに、夜、泣き叫ぶ弟になにがあったのかと何回か聞いたことがあります。

必ず同じように言うのです。↓

『壁から無数の手が出てきて、無理やり自分の腕を引っ張り壁に貼り付けにされる』

目は覚めていて、はっきりと言います。

 

怖い怖いと言って震えていました。

私はこの時は中学生で思春期真っ只中でした。

一番感じる感性をコントロールできずMAX発揮してしまうような時だったんです。

 

・・・で、弟と話していた時感じた(見えた・体感した)のは、

したくもないのに飛び込んできます(;^ω^)

 

暗い土壁の牢獄で、そこに自分がいて、

(こういう場合その人の立場で体感することがあります)

この段階で既に怯えきっていて怖いしか頭にはありません

いきなり無数の手(多分3人くらいの男性の手)が牢獄の中に伸びてきて

怖さが最高値に達します。

ここで一度映像は途切れます。

 

・・・また映像が流れてきて・・・

なんかわからないけど着てるものがすごくボロボロの布きれで

土と岩の壁っぽいところに鎖やロープで立った姿勢ではりつけられます。

宙に浮くような状態ではりつけられて身動きはできない状態。

天気は最悪で雨と泥でぐちゃぐちゃ、(嵐っぽい)

自分は怖くて怖くて仕方ないのです。

その怖さはまさに死への恐怖でした。

(いったいなんの刑なんだかよくわかりませんが、

処刑されてるという意識はあります)

・・・これを見たので、そりゃ怖いよね・・・と弟の気持ちがわかりました。

 

大丈夫だよ今はそんなことないから

ゆっくり暖かい布団で休めるんだよ。

大丈夫だから安心しな。

と言って弟を部屋のベッドに戻したことがあります。

f:id:umesada:20170218121552j:plain

 

あれ、たぶん前世の記憶なんだろなって思います。

いつの前世かはわからないですが、(そこまで見てないので)

取りあえずわかったことは何かの罪で捕まって、

なんか鎖とかロープで体は傷だらけで、刑を執行されるというもの。

死が怖いし、人は信じられないみたいな、そんな感情が強い。

誰も信じない!その想いがすごく強いんです。

 

彼は、今回の生では、本気で信じられる人(他人)を見つけるとか、

信頼できる人もいるんだということを知ることで幸せになれるのかもしれません。

f:id:umesada:20170218121552j:plain

 

大人になった弟は・・・

実は、少し問題を抱えています。

それこそ、人を信頼すること”なんです。

コミュニケーションが得意ではないのもあるのでしょうが、

とにかく人に対して疑り深くて、いつも自分が傷つくのを恐れているところがあります。

誰だろうと、他人だし心をさらけ出して信用するということは難しいと本人も言っています。

 

まだまだ人生長いですから、そのうち誰か1人でもいいので、少しでも優しく心を開いて接することができるようになれたら彼は少し楽になれるんじゃないかと

お姉ちゃんは思っております(*´ω`*)

f:id:umesada:20170311012948j:plain

healingforest.hateblo.jp